ドアを開けた瞬間が勝負!アンティーク家具で作る玄関!

他の人の家を訪れた時、やっぱり玄関を開けた瞬間の印象って大事だな~って思いますよね。入った瞬間、目にするインテリアで「あ、この家はアジアンテイストなんだ~!意外!」とか「なんか玄関がごちゃごちゃしていて食堂屋さんみたいだな~」とか「シンプルな玄関でこの人らしいな~」とか本当に人と同じで家の第一印象も大事ですね!

玄関を開けた瞬間、アンティーク家具で統一されていたらどう思いますか?アンティーク家具、とても素敵ですよね。豪華な印象もありますが、アンティーク家具の素敵なところは「派手」とか「下品」とかそういう印象を一切与えないところです。

全てを本物のアンティーク(100年以上前に作られた年代もの)家具で揃えるのは難しいかもしれませんが、アンティーク風にアレンジしたものを取り入れつつアンティーク調の空間を造ることは可能です!玄関に絶対あるもの・・・それは靴入れ(下駄箱)と傘立てです!この2つは妥協せず良いものを選びたいですね。良いものというのは「値段が高いもの」という意味ではありません。自分がイメージするアンティーク空間からズレていないものを納得いくまで探すことです!

家が賃貸で建付けの靴入れがある場合は、棚の上に飾るものにアンティークなものを選びましょう。ごちゃごちゃと飾ってはダメです。素敵なランプのようなを照明を1点飾るだけでもグっとアンティーク感が引き締まりますね。灯りという点ではランプでなくてもアンティーク調のキャンドル立ての上にキャンドルを載せて飾っておくのも素敵です。

また、木の素材を存分に魅せるアンティーク空間に玄関マットは必要ありませんね。また、スニーカーやパンプスがそのまま出されているのも不似合です。「見せない」「隠す」収納術もアンティーク空間には必要です。下駄箱に入りきらないものは、アンティーク調の木箱や箱を雑貨店で購入して収納し、インテリアとして置くのも良いでしょう。

玄関のドアはどうでしょう?これも賃貸住宅だと難しいところですが、素敵なドアノックハンドルを既成のドアに着けるだけでも雰囲気が出ますよ!ドアノックハンドルというのは、外国の映画とかでよく見るドアをトントンと叩く時に使用するもので日本でいうインターフォン替わりのものですね。ネットで検索してみるとアンティーク調の素敵なドアノックハンドルがたくさんあります。是非一度探してみてください。このように、玄関というのは狭く限られた空間ではありますが、アンティークで統一感を出そうとすると凝れば凝るほどいろいろな箇所で工夫が必要です!

最後になりますが、アンティーク空間を演出するものとして忘れてはならないのが「香り」です!空間はアンティークなのに、インドをイメージさせるような「お香」の香りがしたらやっぱり「ん?」と違和感を覚えますよね。アンティークローズのような香りはもちろんですが、懐かしい木の香りがするようなアロマを焚いたり、コーヒー豆をアンティーク調の瓶に入れて飾るのも良いです。また、敢えて炭をアンティーク調の木箱に入れて「消臭」するというテクもあります。

とにかく、アンティークはこだわると奥が深いです。一度インテリア雑誌やネットなどで自分の求める空間の感じを決め、統一感のある玄関空間にしてみましょう。玄関はあなたの家の第一印象となる「顔」の部分です!こだわりを貫いて素敵な空間ができますように!

知っていますか?カントリー家具とアンティーク家具の違い

木の素材を活かしたカントリー家具とアンティーク家具の違いは何でしょう?それぞれの違いをしって統一性のあるインテリアをつくりましょう!

オシャレ!アンティーク家具で和洋折衷な空間作り!

アンティーク家具というと洋風のものをイメージしてしまいますが、和風アンティークも注目されてきています。和洋折衷のハイセンスでオリジナリティあふれる空間造りをしてみましょう!

どこにでもある本棚をアンティーク家具に見せるテクニック!

わざわざ新しいものを購入せずとも今持っている本棚をアンティーク調にリメイクできたら素敵ですよね。そのテクニックをご紹介します!

アンティーク家具を取り入れるのは狭い空間から始めよう!

高いアンティーク家具で部屋一式揃えるのには、時間もお金もかかります。トイレやキッチンなどの狭い空間からアンティークを取り入れ気持ちを高めましょう!